ESGESG経営

ESG経営を推進することで、
経済的価値(財務)と環境・社会的価値(非財務)を同時に創出し、
AGPの持続的な企業価値向上を実現します。

当社は企業活動を通じて「環境・社会的価値」と「経済的価値」を同時に創出することを目指してます。 AGPグループでは、「環境(Environment)」、「社会(Social)」、「ガバナンス(Governance)」に配慮したESG経営を推進していくことで、「持続可能な環境社会の実現」と「将来のAGPの企業価値向上に向けた持続的な成長の実現」を両立させ、成長への戦略投資と成果の還元(株主、従業員、社会)の好循環経営を目指してます。 また、AGPグループにとって、人材は価値創出の原動力で、最大の資本です。企業価値向上の実現は、従業員の成長なしでは不可能と考えており、従業員の成長と共に企業の成長を推し進めて参ります。

企業価値向上に向けたESG経営の
本格的推進
ESG経営の推進

環境社会実現に向けた貢献、人材育成と社員福利の充実、経営の透明性/健全性に重きを置いたガバナンス

「環境(Environment)」

AGP環境方針
これまでも当社はGPUの利用促進等企業活動を通じ、環境社会に貢献して参りました。 今後も脱炭素、環境負荷低減の実現に向けて更なる貢献を果たし、中長期的な企業価値の向上を図って参ります。 空港の脱炭素化推進に向けた取り組み(GPU利用100%に向けた取り組み、新技術導入による次世代製品の開発含む、環境領域における新たな次世代型ビジネスの展開)資源利用の効率化(資源類の消費量・廃棄率の削減と3Rに取り組む)
AGP取り組み目標
2025年度末までに、2019年実績の33.5万トンを超えるCO2排出量削減を目指します。 2030年度末までに、GPU利用100%目標に向け取り組み、空港における更なるCO2排出量削減に貢献します。

「社会(Social)」

AGPの方針 ~従業員のエンゲージメント向上に向けて~
従業員を経営のステークホルダーとしてより重視し、戦略的に人材開発・育成に投資し、従業員一人一人の幸せと健康を重視した人材マネジメントシステムの運用で、従業員がやりがいを持って安心して仕事に集中できる環境を提供します。 経営層・従業員全員でダイバーシティ経営における理解を深め、多様性のある人材が長期にわたって企業の価値創造に貢献できる環境を作ります。
AGP取り組み目標
採用者に占める女性割合10%以上、育児休業取得率 100%を目指します。 企業取り組みとして必要とされるダイバーシティ経営について全従業員に浸透させます。

「ガバナンス(Governance)」

AGPの方針
スタンダード市場のコンセプトに準じて、上場企業としての基本的なガバナンス水準を備えつつ、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上にコミットする経営を行います。 適切なガバナンスの仕組みを整え、透明性・公正性を高めると共にリスクマネジメントを強化することで経営基盤の強化を図ります。 また、企業経営において公正な判断・運営がなされるよう、監視・統制する仕組みの整備、浸透、運用の強化を図ります。
AGP取り組み目標
現在、コーポレートガバナンスコードを遵守できていない19項目については、2022年6月段階で5項目を達成すると共に、本中期経営計画期間である4年間で全項目を達成する方針です。


Environment環境

Social社会

Governance企業統治