沿革

1965〜2009年

1965年

12月

会社設立(本社 羽田) 資本金5千万円

1966年

11月

本社を大田区蒲田へ移転

12月

増資資本金1億5千万円

1967年

8月

大阪事業所開設、大阪国際空港において営業開始

1968年

3月

増資資本金3億円

9月

福岡事業所開設、福岡空港にて営業開始

1972年

1月

千歳事業所開設、千歳空港にて営業開始

7月

成田事業所開設、新東京国際空港及びその周辺地域において施設整備部門営業開始

1975年

2月

子会社「那覇総合ビルサービス(株)」を那覇市内に設立

1978年

5月

新東京国際空港において動力部門営業開始

1983年

3月

羽田事業所開設、東京国際空港において営業開始

1984年

11月

那覇空港内において沖縄駐在開始

1986年

3月

増資資本金4億5千万円

12月

本社を羽田空港へ移転 原木事業所開設(成田事業所より独立)

1989年

9月

成田支社開設

1991年

4月

子会社「(株)エージーピー開発」を成田市内に設立

1992年

7月

新千歳空港ターミナル供用開始にあわせ営業開始

12月

新東京国際空港II期ターミナル供用開始にあわせ営業開始

1993年

3月

増資資本金9億5千万円

4月

子会社「(株)エージーピー関西」を泉佐野市内に設立

9月

東京国際空港西側ターミナル供用開始にあわせ営業開始

10月

羽田支社と関西空港支店を開設

1994年

5月

増資資本金19億円

9月

関西国際空港供用開始にあわせ営業開始

1995年

12月

創立30周年

1999年

2月

子会社「(株)エージーピー北海道」を千歳市内に、「(株)エージーピー九州」を福岡市内に設立

3月

増資資本金19億6千8百万円,社員持株会設立

6月

那覇空港ターミナル供用開始にあわせ沖縄空港所営業開始

2000年

7月

増資資本金19億7千5百万円

9月

「株式会社 エージーピー」に商号変更

10月

ISO9001認証取得(全事業、全事業所を対象)

2001年

12月

増資資本金 20億3875万円 ジャスダック(店頭)に株式上場

2002年

12月

ISO14001 認証取得(羽田サイト:本社、羽田支社)

2003年

1月

福岡空港支店 広島空港出張所を開設

3月

広島空港において動力事業を開始

10月

原木支店閉鎖

2004年

9月

ISO14001 認証取得(拡張:成田支社、関西支社、千歳、大阪、広島、福岡、沖縄)

10月

中部空港支店を開設

12月

子会社「(株)エージーピー中部」を愛知県常滑市に設立 店頭登録を取り消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場

2005年

12月

福岡空港支店 鹿児島空港出張所を開設 創立40周年

2006年

2月

大阪空港支店 神戸空港出張所を開設 神戸空港において動力事業を開始

3月

中部空港支店を開設

2007年

8月

IISO14001 認証取得(拡張:中部空港支店)全国展開完了

11月

親会社および主要株主の異動

12月

福岡空港支店 熊本空港出張所を開設

2008年

2月

熊本空港において動力事業を開始

9月

沖縄空港所を沖縄空港支店に昇格

2009年

2月

福岡空港支店 長崎空港出張所を開設 長崎空港において動力事業を開始

4月

子会社「那覇総合ビルサービス(株)」の商号を「(株)エージーピー沖縄」に変更

2010年〜

2010年

4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に上場

10月

大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、 大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

2011年

2月

ISO9001 認証取得(拡張:中部空港支店)

2012年

10月

福岡空港支店 鹿児島空港出張所閉鎖

2013年

1月

福岡空港支店 熊本空港出張所閉鎖 福岡空港支店 長崎空港出張所閉鎖

7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

2014年

4月

子会社「(株)エージーピーアグリテック」を千葉県山武郡横芝光町に設立

6月

横芝光工場竣工

2015年

1月

子会社「ドクターベジタブルジャパン(株)」を東京都大田区に設立

12月

創立50周年

2016年

4月

子会社「(株)エージーピーアグリテック」を吸収合併

2017年

6月

空港及び空港関連企業を対象とする人材派遣を目的で「(株)Aリリーフ」(持分法適用関連会社)を設立

2018年

6月

当社既存事業の海外での事業展開及び技術人材育成の目的で、「Airport Ground Power(Thailand)Co.,Ltd」(現連結子会社)を設立

10月

中部国際空港(以下中部空港という)において動力事業を開始

2019年

2月

連結子会社「ドクターベジタブルジャパン(株)」を清算

10月

親会社及び主要株主の異動

2020年

3月

子会社5社事業停止(グループ会社再編) (エージーピー北海道、エージーピー開発、エージーピー中部、エージーピー関西、エージーピー九州)

9月

工場野菜生産・販売事業 事業譲渡 APU-OFFサービスを国内空港に展開するための合弁会社「Smart Airport Systems Japan株式会社」 (持分法適用関連会社)を設立

12月

子会社4社清算結了(エージーピー中部は休眠会社) (エージーピー北海道、エージーピー開発、エージーピー関西、エージーピー九州)