省エネルギー化の推進

PROMOTION OF THE ENERGY CONSERVATION

省エネルギー化の推進

AGPグループでは、省エネ法によるエネルギー管理指定工場として、中長期計画に基づき適切なエネルギー管理を行い、省エネルギー化に取り組んでおります。
具体的には、動力設備において新規に設備を設置する際には、トップランナー機種を選定することや、設備の更新時は、より省エネ性能の高い機種への更新を行っています。
また整備事業においては、省エネ運転や省エネ部品の提案及び導入を推進し、フードカートや航空機用地上支援機材の付帯事業では、省エネに配慮した製品設計を行っています。

省エネタイプへの設備更新(航空機用空調設備の事例)

内蔵する圧縮機をレシプロ型からスクリュー型に変更し、エコノマイザサイクルの採用で冷凍能力と省エネ性が向上した新型の空調機に設備を更新し、消費電力を約40%削減しました。

エネルギーの使用に関わる原単位の推移

当社は、「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」(省エネ法)に基づく「特定事業者」として、エネルギー使用の合理化に努め、適切なエネルギー管理を行っております。

 


※エネルギーの使用に係わる原単位とは
エネルギー使用量を、「生産数量又は建物床面積その他エネルギー使用量と密接な関係を持つ値」で除したもので、エネルギー管理の指標となるものです。


 

AGPへのお問い合わせ
03-3747-1631
FAXは、03-3747-0707までお願いいたします。
AGP