CO2削減への取り組み

APPROACH TO CO2

CO2削減への取り組み

GPUの利用促進によるCO2の削減

航空機は空港で駐機中、機体に搭載したAPU(補助動力装置)と呼ばれる小型エンジンをジェット燃料で稼働させ、必要な電力や冷暖房気を賄う事が出来ます。しかしAPUの使用により騒音の発生とともに、CO2をはじめとする大量の大気汚染物質を排出してしまいます。

GPUは、APUに代わり地上から必要な電力や冷暖房気を供給することにより、騒音の問題を低減するとともに、CO2の排出量を約1/10以下に削減することが出来、地球温暖化防止に大きな役割を担えます。

CO2排出量比較

私たちAGPグループは、GPUの利用促進によりCO2削減に取り組み、地球環境の浄化保全に努めます。

2016年度 実績値

CO2排出量の比較

APU排出量:GPUを使用しなかった場合に想定されるCO2排出量

CO2削減量の推移

主要7空港 CO2削減量の推移

AGPへのお問い合わせ
03-3747-1631
FAXは、03-3747-0707までお願いいたします。
AGP