ホーム > AGPについて > 会社概要 > 沿革


沿革

昭和40年 12月 会社設立(本社 羽田) 資本金5千万円
昭和41年 11月 本社を大田区蒲田へ移転
  12月 増資資本金1億5千万円
昭和42年 8月 大阪事業所開設、大阪国際空港において営業開始
昭和43年 3月 増資資本金3億円
  9月 福岡事業所開設、福岡空港にて営業開始
昭和47年 1月 千歳事業所開設、千歳空港にて営業開始
  7月 成田事業所開設、新東京国際空港及びその周辺地域において施設整備部門営業開始
昭和50年 2月 子会社「那覇総合ビルサービス(株)」を那覇市内に設立
昭和53年 5月 新東京国際空港において動力部門営業開始
昭和58年 3月 羽田事業所開設、東京国際空港において営業開始
昭和59年 11月 那覇空港内において沖縄駐在開始
昭和61年 3月 増資資本金4億5千万円
  12月 本社を羽田空港へ移転
原木事業所開設(成田事業所より独立)
平成元年 9月 成田支社開設
平成 3年 4月 子会社「(株)エージーピー開発」を成田市内に設立
平成 4年 7月 新千歳空港ターミナル供用開始にあわせ営業開始
  12月 新東京国際空港II期ターミナル供用開始にあわせ営業開始
平成 5年 3月 増資資本金9億5千万円
  4月 子会社「(株)エージーピー関西」を泉佐野市内に設立
  9月 東京国際空港西側ターミナル供用開始にあわせ営業開始
  10月 羽田支社と関西空港支店を開設
平成 6年 5月 増資資本金19億円
  9月 関西国際空港供用開始にあわせ営業開始
平成 7年 12月 創立30周年
平成11年 2月 子会社「(株)エージーピー北海道」を千歳市内に、「(株)エージーピー九州」を福岡市内に設立
  3月 増資資本金19億6千8百万円,社員持株会設立
  6月 那覇空港ターミナル供用開始にあわせ沖縄空港所営業開始
平成12年 7月 増資資本金19億7千5百万円
  9月 「株式会社 エージーピー」に商号変更
  10月 ISO9001認証取得(全事業、全事業所を対象)
平成13年 12月 増資資本金 20億3875万円
ジャスダック(店頭)に株式上場
平成14年 9月 ISO14001 認証取得(羽田サイト:本社、羽田支社)
平成15年 1月 福岡空港支店 広島空港出張所を開設
  3月 広島空港において動力事業を開始
  10月 原木支店閉鎖
平成16年 9月 ISO14001 認証取得(拡張:成田支社、関西支社、千歳、大阪、広島、福岡、沖縄)
  10月 中部空港支店を開設
  12月 子会社「(株)エージーピー中部」を愛知県常滑市に設立
  12月 店頭登録を取り消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年 12月 福岡空港支店 鹿児島空港出張所を開設
  12月 創立40周年
平成18年 2月 大阪空港支店 神戸空港出張所を開設
神戸空港において動力事業を開始
  3月 鹿児島空港において動力事業を開始
平成19年 8月 ISO14001 認証取得(拡張:中部空港支店)全国展開完了
  11月 親会社および主要株主の異動
  12月 福岡空港支店 熊本空港出張所を開設
平成20年 2月 熊本空港において動力事業を開始
  9月 沖縄空港所を沖縄空港支店に昇格
平成21年 2月 福岡空港支店 長崎空港出張所を開設
長崎空港において動力事業を開始
  4月 子会社「那覇総合ビルサービス(株)」の商号を「(株)エージーピー沖縄」に変更
平成22年 4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に上場
  10月 大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
平成23年 8月 ISO9001 認証取得(拡張:中部空港支店)
平成24年 10月 福岡空港支店 鹿児島空港出張所閉鎖
平成25年 1月 福岡空港支店 熊本空港出張所閉鎖
福岡空港支店 長崎空港出張所閉鎖
  7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

会社概要

関連リンク